部品を作る工場

地盤改良はその土地固有の問題であって、又、地盤の固さや建築物の構造、階数によっても変化しますので、場合によってはこの工事が必要となる場合も考えられます。 しかし実情はハウスメーカーなど地盤調査は自社では行わずこれを外注に出して行っている場合が多いとされています。 そういう場合にはその専門業者の意見に従って行うより仕方が無いわけですが、費用負担にも関係して来るために無駄な費用は省こうという方向になって来つつあります。 その方法として第三者機関を設けてここに意見を聞こうとする考え方が進んで来ています。この場合地盤改良工事が必要かどうかの判断をするまでは無料でやってもらえるものです。 後は施主と業者の判断に任せるというもので無駄な費用を減らせるものです。しかも地盤品質証明も付き建物がもし傾いた場合には10年間の保証が付くというもので将来はこの方法が採用される確率は高くなると見込まれます。

建物を建てる場合にはその土地の経緯などから地盤は安全だと考えがちです。しかし業者の中には地盤改良が必要だとして根拠もはっきりしないままに施主が言われたまま余分な工事費を支払う例が増えているとされています。この額は全工事費の5%に達する場合もあると聞きます。 しかし調査結果によるとこれが不要である場合も7割近くあるとされています。 予算に余裕の無い中でオーバーしたらどうしようという心中でこれが行われているとしたら問題でもあります。 地盤調査の方法は外国から入って来た試験方法によっていますが基準が今いちはっきりしないという点があります。しかも地盤改良の方法は40種類以上あるとされ、素人にとっては知識もないままに押されてこれが通るケースも多いと聞きます。これにはいいなりにならないように注意する必要があります。